インハウス動画とは何か

インハウス動画の教科書
「インハウス動画のすすめ」ではインハウス動画のお悩みを解決するアドバイザリー業務を行っています。サービス内容はこちらからご覧ください。

インハウス動画とは何か

インハウス動画とは、映像制作会社に制作を依頼するのではなく、自社で制作する動画のことです。これまでも デザインやWEBなど、デザイナーを雇い制作を自社でおこなってきた会社は多いと思います。ここ数年、動画の需要が高まったため、動画も内製化する会社が増えてきました。

動画は速報性があり、訴求力が高く、ポイントを伝えやすいメディアです。これを自社で制作できることができれば、協力な販促ツールになることに間違いありません。

これまでのように、映像制作会社に依頼し時間をかけて、長く使える良い「映像」を作るのも必要ですが、昨今では、短い使用期間を前提として「シンプルで」「なるべく早く」リリースできる動画が求められるようになりました。

インハウス動画のメリット

  • 文字や写真より、動画には圧倒的な訴求力がある
  • Google検索より、YouTube検索するユーザーが増えている
  • 外注よりスピード感のあるリリースができる
  • 短いサイクルでPDCAを回すことが出来る。
  • 外注より制作コストを下げられる。

インハウスで動画を制作することはメリットが多くありますが、課題も存在します。

インハウス動画の課題

  • 動画制作の人材の採用
  • 既社員が兼任する場合の業務バランス
  • 社員トレーニング
  • ナレッジ、ノウハウの社内蓄積、継承
  • 機材コスト(社内稟議の苦労)
  • クオリティの担保

これらは、求められる動画のクオリティに応じて変化し、時として膨大な作業工程が存在します。一人専任がいればなんとかなるだろうと思っていると、動画を計画通りリリースすることは難しくなってきます。撮影・編集の機材が進化し、これまでより簡単に動画が作れる時代になりました。それでも、動画制作の業務バランスを整えていくには、かなりの試行錯誤が必要です。

このブログではインハウス動画制作の工程を可視化し、社内に導入しやすいご提案をしていく予定です。

この記事を書いた人

代表 宮部勝之
動画制作アドバイザリー|映像作家|写真家
ドキュメンタリー映画監督や写真家として活動しつつ、インハウス動画制作のアドバイザリーをしています。

宮部映像事務所をフォローする

【期間限定】インハウス動画制作の無料オンライン相談

  • インハウスで動画を作り始めたがうまくいっていない
  • 機材の購入を検討しているが選べない
  • インハウス動画をどう始めるべきか
  • 作った動画のアドバイスが欲しい

皆様のお悩みに映像のプロがお答え致します。(ZOOMにてご対応させていただきます)
下記に必要事項を記入し、ご相談内容を書いて送信してください。

    インハウス動画の教科書
    宮部映像事務所をフォローする
    インハウス動画のすすめ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました